気になる通学時の防犯活動について

お子さんが通学するときに男性・女性に関係なく防犯対策としていろいろやっていると思いますが、いざ何かが起こったときに実際に対応できるかどうかはわからないものです。また、親御さんにとっても、どうすればいいのかわからない事も多いと思います。そこで、全国でどういった取り組みをしているのか、それに対して実際に効果ができているのか、また通学時だけに限られるのか、などみていきたいと思います。これなら、子供も安心して通う事もできますし、親御さんも安心して通わせる事ができます。ちょっとしたことでも犯罪を防ぐ事はできますし、犯罪が起こりにくいような対策も立てることができるはずです。無理して取り組む事がないようにどうすればいいのかを具体的に見ていきましょう。

全国で行われている活動の具体例

通学時と限定すれば、朝の時間帯と夕方の時間帯とだけになりますが、個人的に取り組むのはかなりの負担になります。ですので、こういった活動は個人で行うのではなく、地域で取り組むようにしましょう。ご自身のお子さんだけではなく、同年代のお子さんたちも同時に見守る事ができます。防犯パトロールでもそうですし、地域によってはパトロールカーを購入して定期的に巡回しているところもあります。またワッペンをつけてたつ事で、予防効果もあります。見通しをよくするためにできるだけ子供が見えやすいように柵を低くしたり、木を植える場合も低木にしたりなど、対策をたてているところもあります。またいつでも子供たちが逃げ込めるように子供の緊急避難場所を一般家屋に看板を立てることで対策をたてているところもあります。

実益がある有効な方法がまだまだあります

また、夕方の場合でも冬場は暗くなるのも早いですので、街灯を多く設置したり、通学路にはできるだけPTAの方々にパトロールとして立ってもらうのも防犯効果があります。また、子供たちにもそういった人たちが立っていることを常に教えておく事も大切です。そのためにも普段から挨拶などの声かけをしたりすることで、大人たちにも顔を覚えてもらうというのも大事です。また、低学年の場合は集団下校で帰るのも有効な方法ですが、前後には必ず大人が立って子供たちを守るというのもいいでしょう。また、地域に監視カメラをつける方法もあります。これはプライバシーの侵害にもなるのではという声もありますが、朝と夕方に限定する事と、子供たちが通る道だけにする事、警察が確認する以外は使わないなど決めておくと有効です。